開発の動機について

家庭用生ごみ処理機「NEWサム」-地球大切、環境、健康新時代に大貢献-

生ごみ処理機「NEWサム」でゴミ減量(回収、埋める、燃やす)で歳費の削減に、貢献できるのは「アタリマエです!!」
人類にもっと大切なことはダイオキシンとCO2(二酸化炭素)の発生をなくすことと、水質汚染をなくすことです!!

● 生ごみを燃やすことにより、恐ろしいダイオキシンとCO2(地球温暖化)による地球破壊をしています。

ダイオキシンは急性毒性ではわずか1gでサリンの17倍、青酸カリの1,000倍の猛毒で発ガン物質が高く、母親の体内に入ったダイオキシンは外に出されることなく体内に蓄積されるが、厄介なのは母乳です。そのダイオキシンの体内量の半分は母乳に集まり、授乳とともに赤ちゃんに流れ込み健康障害の赤ちゃんが生まれて来ることもあります。

※ ベトナム戦争で使用された枯葉剤に含まれていたダイオキシン影響により胎児への悪影響が多発した。

※ ゴミ焼却場の排煙や残灰により、周辺住民や働く人々から健康異常(ガン)などの苦情が1992年をさかいに、年々大幅に増加しています。また、焼却熱の排出によりCO2の発生は膨大なものです。

● 生ごみを埋めることにより地下水や河川を汚染させ、人間はもとより、魚や鳥や動植物に悪影響をおよぼします。

化学物質(農薬、抗生物質、食品添加物、防腐剤)などを含んだ生ごみを埋めることにより、土壌を汚染させ、食物に悪影響をあたえ、ダイオキシンや化学物質によって水質を汚染させることもあります。更に悪臭の発生により害虫や雑菌の巣となり、薬の効かない害虫や雑菌の恐ろしい巣となりかねません。

● 犬のフンやペット類のフンを水洗トイレに流すことにより、浄水場で恐ろしいウイルスが発生する可能性もあります。

私たちに還元されて来る水です。ペットのフンによる水質汚染によっての病気は防ぎたいものです。
お1人お1人が家庭で出る、生ごみやペットのフンは家庭で処理することにより浄化されます。

商業施設や工場よりも、日本全国4,500万世帯から出る日々の家庭生ごみとペットのフンは莫大な量です。
まず家庭で処理し、ダイオキシン問題、地球温暖化を我が身に降りかからないように止め、次世代の健康な子供達へ引き継ぎ、社会に貢献していただけることをお願いする次第です。

メッセージ

当社の小さな正義の味方、「家庭用生ごみ処理機」は毎日出る生ごみとペットのフンを処理!!環境と健康のために大きく貢献してくれることを願い開発しました。

ご理解とお力をお借りして全国4,500万世帯に向け、皆様と一緒に地球環境への新時代にお役に立ちたいものです。

NEWサムご使用にあたり、取扱説明書を必ずお読みいただき、ご理解の上、正しくお使いいただけますようよろしくお願い申し上げます。

―ぜひお試しくださいませ−

参考

生ごみとフンの量

  1日平均 1ヶ月平均 一年平均
家庭から出る1日の
生ごみの量
全国平均
700g 21Kg 252kg
家庭から出る4,500万戸からの
生ごみの量
全国平均
3,150万Kg 94万5,000トン 1,134万トン

ペットのフン(2003年現在の犬・猫の頭数1,800万頭)

  1日平均 1ヶ月平均 一年平均
家庭から出る1日の
ペットのフン量
全国平均
170g 5.1Kg 61Kg
家庭から出る1,800万頭からの
ペットのフン量
全国平均
3,060トン 91,800トン 110万トン